CONCRETE CUTTING PERFORATIONコンクリート切断穿孔

01

コアドリル工法

あらゆる穿孔に適応

コアドリル工法は、コアドリルにダイヤモンドビットを取り付け、スピンドリルを回転させながらビル・橋・二次製品などのコンクリート構造物や道路を穿孔します。ブレーカーによるハツリなどの従来工法と比較しても穿孔に優れ、騒音・振動・粉塵が少ない工法です。

コアドリル工法
特長
  1. 鉄筋にあたっても簡単に切断する為、短時間での穿孔が可能に。
  2. 作業者の疲労度が少なく、労力の省力化を実現。
  3. 穿孔面に凹凸が発生しないため、補修の手間が大幅に減少。
  4. ハツリでは困難な大口径穿孔や高深度穿孔が可能。

土間コンクリートラインカット状況

450Φ穿孔状況

02

ワイヤーソーイング工法

困難な状況での切断も可能

ワイヤーソーイング工法はダイヤモンドワイヤーを被切断物に巻き付け、ワイヤーソーマシンで切断する工法です。
ワイヤーは柔軟性に優れ、被切断物の形状に合わせて切断が可能。大型コンクリート構造物から曲面状の物まで、被切断物の形状を限定しません。また、低騒音・低振動・低粉塵で作業ができ、環境負荷対策が必要なコンクリート構造物の解体・改修工事、建物耐震補強工事などに幅広く活用。安全で効率の良い撤去作業を行うことができます。

ワイヤーソーイング工法
特長
  1. 鋼芯柱の切断が可能。
  2. 低振動・低騒音・低粉塵の、環境負荷対策を実現。
  3. 小型軽量モーターを使用し、狭い場所での作業も容易に。
  4. 対象物に制約がなく、縦、横、斜めなどの自由な切断が可能。
乾式ワイヤーソーイングシステム
乾式ワイヤーソーイングシステム
集塵機・ユニット・発電機配置状況

集塵機・ユニット・発電機配置状況

切断状況O(1)

切断状況(1)

切断状況(2)

切断状況(2)

切断状況(3)

切断状況(3)

03

ウォールソーイング工法

コンクリート壁を短工期で切断

ウォールソーイング工法は、被切断物の予定切断線に沿って走行レールを設置後、レールにウォールソーマシンを取り付け、レールを上に移動させながらダイヤモンドブレードで被切断物を切断する工法です。切断が要求される建物の改修・耐震工事に活用されます。従来のハツリと比較して切断面の凹凸がなく、綺麗で騒音・振動・粉塵が非常に少ない工法です。またコンクリートカッター工法と違い、排気ガスが発生しない為、屋内工事の切断に適しています。

ウォールソーイング工法
特長
  1. 作業スペースの狭い現場でも抜群の機動力を発揮。
  2. 指定のサイズ通りに綺麗な切断が可能。
  3. 正確かつスピーディ。作業効率の高い施工を実現。
  4. 騒音・振動・粉塵の発生量の少ない、快適な作業環境。
耐震スリット工事
1.ウォールソーにて切断

1.ウォールソーにて切断

2.端部コアにて切断

2.端部コアにて切断

3.スリット完了

3.スリット完了

擁壁撤去工事
1.着工前

1.着工前

2.切断状況

2.切断状況

3.擁壁撤去完了

3.擁壁撤去完了

04

バースター工法

低騒音・低振動の静的破砕工法

バースター工法とは、基礎・柱・コンクリート壁など重量のある構造物の静的な解体に適しており、コアドリルによって開けられた孔(φ160-Φ200)に、バースターヘッドをセットし、コンクリートを油圧力で押し広げることによってより合理的な粉砕作業を行う工法です。

バースター工法
  • 電動モーターを利用した低騒音な作業が可能
  • バースター1台の最大破砕力は75トン
バースター工法1

コンクリートにコアドリルで孔を開ける。

バースター工法2

孔の中に「バスターヘッド」を差し込む。

バースター工法3

シリンダーが油圧力で押しだされ膨らみ、

バースター工法4

孔に亀裂が入りコンクリートが破壊される。

TEL 045-716-2717